shutterstock_337273616

晴れの国の高品質 岡山フルーツ

岡山県は自然災害が少なく温暖な気候を利用し、古くから農業が盛んに行われてきました。そして明治時代から全国に先駆けて、桃や葡萄を始めとする様々な果樹栽培が始まります。しかし当時は果物の日持ちが悪かったり、病気になったりと苦労が絶えませんでした。

そこで長年農業で培った経験と高度な技術に加え、温室栽培や品種改良など様々な努力を重ねていきます。近年の日本は世界トップクラスの栽培技術を持っています。中でも岡山県は「フルーツ王国」と称されるほど、多種多様の高品質なフルーツの生産が可能になりました。

岡山ブランドのフルーツの数々は、県内各所にある観光農園や直売所で味わえます。また、そのまま食べても美味しいフルーツが、スイーツやお土産となって楽しめます。岡山県の人々はいつでも旬のフルーツを美味しく味わうため、工夫と努力を惜しみません。


乳白色が美しい桃 白鳳

shutterstock_301594871

岡山県のフルーツと言えば、真っ先に思い浮かぶのが桃です。桃太郎にまつわる伝説で知られており、桃の花は県花になっています。桃は昔から馴染みのフルーツですが、日本の桃は固くて小さい物でした。しかし中国から伝わった「上海水蜜」という品種は、これまでの日本の桃よりも大きく甘い物だったのです。そこで品種改良を重ねていき、これまでの桃より甘くて大きな白桃が、岡山県で誕生します。ここから更にたくさんの品種が開発され、現在流通している「白桃系」と呼ばれる桃のルーツになりました。

この白桃に橘早生という品種を掛け合わせて生まれた「白鳳」の特徴は、滴り落ちるほどの果汁と強い甘み、繊維質が少ない舌触りの滑らかさです。乳白色に桃色が差した美しい姿の白鳳は、昭和8年に登場してから根強い人気が続いている、白桃系最高峰の品種なのです。


岡山で育つ果物の女王 マスカット

shutterstock_332543447

葡萄は桃と同時期にヨーロッパ系統の品種が日本に導入されましたが、栽培はとても難しいものでした。日本の高温多湿の気候が葡萄に合わなかったのです。そこで、岡山市内でハウス栽培の基礎となる、ガラス室栽培が始まりました。気温と湿度、肥料や水の与え方などを管理することで、葡萄の収穫に成功したのです。

その品種の名は、果物の女王とも呼ばれている「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。日本産のほとんどが岡山県で生産されています。日本で単にマスカットと言うと、この品種を指すほど定着しており、強く上品な香りと風味で、贈答用として根強い人気を誇ります。

葡萄の表面には白い粉のようなものが付いています。これはブルームといわれる、葡萄から分泌される糖分などを含んだワックスです。葡萄に残っているブルームは、丁寧な収穫作業と新鮮さの証になるのです。


大きさにビックリ!愛宕梨

shutterstock_378968080

フルーツ王国の岡山県では桃や葡萄の他にも、梨の栽培が盛んに行われてきました。国内の梨の生産量第1位として有名なのは千葉県ですが、愛宕梨という品種のみを見ると岡山県が第1位になります。

大正時代初期の東京・愛宕山の麓で誕生した愛宕梨。昭和初期に岡山県に導入されてから栽培技術の研究を重ね、現在のとてもインパクトのある梨になったのです。通常の梨の重さは400g程度ですが愛宕梨の重さは1kgを超え、大きさは赤ちゃんの頭と同じ位になるのです。しかし、見かけによらない瑞々しさと果肉のシャキシャキとした食感、程良い甘さと香りが古くから愛されています。

愛宕梨は、収穫してからも熟成が進んで甘みが増します。そして日持ちも良い品種なので、ゆっくり時間をかけて味わう事が出来る梨です。12月から1月の、果物の少ない時期の贈答用として重宝されています。


今も昔も工夫を重ねる フルーツ王国岡山

岡山県では今回ご紹介したフルーツの以外にも、苺・レモン・柿・メロンなどが栽培されています。現在ではネット通販なども盛んで、全国でその味を楽しむことが出来ます。さらにフルーツの品質だけでなく、栽培方法も世界トップクラスの技術を誇っています。その栽培方法を学ぶために、海外から岡山を訪れて技術を学ぶ農業関係者も多いのです。

そのまま食べても美味しい高品質のフルーツを活用した「フルーツパフェの街」プロジェクト も注目されています。フルーツをそのままトッピングするだけでなく、ゼリーやアイス・ジェラートにも使うことで、岡山フルーツの様々な食べ方を楽しむことが出来ます。トッピングの新鮮なフルーツが季節ごとに変わるのも魅力的ですね。

このように一年中フルーツを味わえる工夫をするのは、果樹栽培の努力を重ねた先人から続いている 岡山県民の真面目さなのかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP