273_1_shutterstock_291699932

吉祥寺に行ったら必ず買いたい定番手土産3選

武蔵野市の東に位置し、サンロードやハーモニカ横丁などの商店街で有名な街、吉祥寺。おしゃれなお店がたくさん建ち並び、井の頭恩賜公園や三鷹の森ジブリ美術館が近いことから「住みたい街ランキング」で何度も1位に選ばれています。舞台関係者や漫画家など数多くの著名人が居住していることでも有名で、サブカルチャーの発信地でもあります。また、安養寺、光専寺、蓮乗寺、月窓寺といった4つのお寺があり、パワースポットとして女性に人気の高い街です。
そんな魅力いっぱいの吉祥寺を語る上で、はずせないのがグルメ。吉祥寺には、毎日大行列ができるほど大人気のお店がたくさん存在しています。おいしい物を食べた後、何かお土産を買って帰りたいけれど、色々あり過ぎて迷ってしまう…という時に、これを買えば喜ばれること間違いなし!という定番手土産を三つ選んでみました。


 

牛肉のジューシーな旨みが最高!サトウのメンチカツ

273_2_mench_satou2

吉祥寺駅の北口から歩いて1分、ダイヤ街という商店街の中にある老舗精肉店の前には、毎朝10:30頃の販売開始に合わせて長い行列ができています。人々のお目当ては、ここサトウで作られているアツアツのメンチカツです。
お肉には、国産100%にこだわった上質な松坂牛が使用されています。ボールのような丸い形のメンチカツをふたつに割るとジューシーな肉汁が染み出してきて、牛肉の旨みが口の中に広がり、サクサクした衣とたまねぎのシャキシャキ感との調和が絶妙です。ボリュームたっぷりなのにもかかわらず、クセが無いので飽きずに何個でも食べられそう。20~30個購入する人も珍しくなく、「サトウのメンチカツを買うために吉祥寺に来ても損ではない」と言い切る人もいるほど。5個以上買うと1個あたりの値段が安くなるので、家族へのお土産にたくさん買って帰りたいですね。


 

1日限定150本!吉祥寺でしか買えない幻の羊羹

273_3_23963460

1日限定150本!吉祥寺でしか買えない幻の羊羹
メンチカツで有名なサトウの隣りにある老舗の和菓子店小ざさ(おざさ)は、羊羹と最中だけを製造・販売しているお店です。1日に150本しか作られないという羊羹を求めて、毎日たくさんの人々が早朝からお店の前に並びます。「前の晩から並ばないと買えない」「始発電車なら間に合う」などの都市伝説があるほどの羊羹は、入手の難しさから「幻の羊羹」と呼ばれているほど。出来たてをすぐに食べると、まるで水羊羹のようになめらかな食感です。時間が経つと砂糖が馴染んで熟成され、また違ったおいしさになり、5か月以上日持ちするのも嬉しいところ。昔ながらの小鍋と高価な木炭を使用し、小豆と砂糖と寒天だけを使って生み出される素朴な味です。 小さめの見た目が可愛い最中は1個54円とリーズナブルで、お土産として大人気です。ぜひ羊羹と併せて購入したいですね。


 

モチモチ食感が大人気!天音のたい焼き

273_4_IMG_0179

昭和の香り漂う酒屋街として愛され続けるハーモニカ横丁。細い路地に100軒近いお店が建ち並び、小龍包やタコライスなど数多くの名物料理が揃っています。レトロでディープな雰囲気溢れるこのスポットの一角に和菓子屋さん「天音」があります。ここのたい焼きが大人気で、いつ行ってもお客さんが列をなしているほど。なんといっても最大の特徴は、モチモチ・カリカリ食感の羽がついているところです。このお店ではたい焼きは「たい菓子」と呼ばれています。その理由は、冷めてもモッチリと柔らかいお菓子のような物になるように目指しているからだそうです。お土産として嬉しいポイントですね。
気軽にお持ち帰りができることで大人気のたい焼きですが、お昼にラーメンなどを食べた後のデザートとして買い求めに来るお客さんも多いそう。昔ながらの優しい味に、ほっと癒されそうですね。


 

お土産巡りも楽しいグルメの街、吉祥寺

可愛いお店や見ているだけでも楽しい商店街、都心へのアクセスが便利なうえに自然やお寺もいっぱいで癒される街、吉祥寺。グルメの街としても大人気で、地元の人に昔から愛される老舗の名品から日本初上陸の最先端グルメまで、なんでも揃っているのがすごいところ。そのうえ、ここでしか食べることができず、大行列の絶えないお店がたくさんあるんです。サトウのメンチカツ、小ざさの羊羹、天音のたい焼きと、多種多様な魅力に溢れたこの街ならではの定番手土産を三つご紹介してきましたが、どれも幅広い年代の人に喜ばれること間違いなしのお土産になりそうですね。
のんびり、ゆったり休日を過ごせる時間ができたら、吉祥寺までちょっと足を伸ばして、誰かの喜ぶ顔を想像しながらお土産巡りをするのも楽しそうですね。まずはお気に入りのグルメを見つけることから始めて、この街の魅力に触れてみませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP