shutterstock_291969578

今人気の神戸スイーツの出発点

外国への門戸が開かれた明治期に、横浜など5つの都市の港が海外に向けて開港しました。多くの文化が遠い海路を旅して日本に錨をおろし、文明開化の華やかな波に彩られて各地に定着します。慶応3(1868)年に開港された神戸港も例外ではなく、現在でも往年の街並みを思わせるシックな西洋風の建築物が残っています。

その神戸で外国の食文化である洋菓子が、日本人に向けて作られたのは明治30年のことです。シュークリームやマロングラッセなどが店頭に並び、本格的に神戸の地に洋菓子の文化が花開きます。

明治期に生まれた神戸の洋菓子は、現在では「神戸スイーツ」と呼ばれるブランドにまで成長しました。異国情緒漂う神戸の街は、今や人気の観光都市であり、そのお土産としても神戸スイーツは大変喜ばれます。そんな神戸スイーツの中でも、特にお土産に選ばれる人気の焼き菓子に注目してみます。


素敵な贈り物にぴったりな愛らしいお菓子 カヌレ

img_1

多くのスイーツの名店の集まっているスイーツ激戦区である神戸は、おしゃれな港町としても女性観光客から高い支持を得ている街です。そんな神戸のお土産のひとつとして、御影や芦屋などに店舗を構えるダニエルのカヌレには数多くのファンがいます。

カヌレとはフランスの伝統菓子の一種で、もっちりとした食感が特徴の焼き菓子ですが、こちらのカヌレは外側はさっくりとしており、絶妙な口当たり加減が評判です。ひと口大のほっこりとした外見と、口に入れると風味が豊かに広がる印象的な焼き菓子はたくさんの人々に愛されています。

フレーバーもプレーンはもちろん、ショコラ、抹茶、イチジクなど豊富な種類が多数取りそろえられているのも魅力です。小ぶりなカヌレは見た目にも華やかで可愛らしく、神戸のお土産としてだけでなくちょっとしたプレゼントなどでも喜ばれる、愛らしく存在感のあるお菓子です。


おもたせには最高の一品 夙川クッキーローゼ

cached

神戸の御影石町に本店を置くケーニヒス・クローネは、三越や大丸といった有名百貨店にも出店しているドイツ菓子の店です。この店がつくる親しみやすい家庭的な雰囲気の洋菓子は幅広い年代に愛されており洋生菓子はもちろん、日持ちの良い焼き菓子はお使い物としても喜ばれています。

バターの風味がたっぷりのさくさくのスティック状のパイやクッキーは個別に包装されているので、美味しさだけではなく食べやすさでも送り先様に喜ばれるでしょう。

ケーニヒス・クローネのギフトはサイズも多様に取りそろえられていて実にバラエティ豊かです。人気商品の「はちみつアルテナ」や、キャラクターのポチがモチーフとなっている「ベルギーくまポチショコラ」といったアイテムが多彩なラインナップとともに並んでいます。

ケーニヒス・クローネのギフトは、色々なシーンで大活躍してくれる洋菓子です。


愛らしいくまが寄り添う ケーニヒス・クローネのギフト

curone

日本全国の菓子職人の中でも神戸のパティシエは、レベルが高いと言われています。それにくわえて流行に敏感な職人が多いので、この街でつくられるスイーツはスタイリッシュでスマートなものばかりです。

洋菓子といえばケーキやタルトといった華やかな生菓子に目が行きがちですが、ちょっとしたギフトや、手土産、贈答品などに大活躍するのは焼き菓子なのかもしれません。移動時に形が崩れにくく、生菓子にくらべて長持ちする焼き菓子は扱いやすく喜ばれるプレゼントです。

今回ご紹介した「ダニエル」「ミッシェル・バッハ」「ケーニヒス・クローネ」の焼き菓子に共通することがあります。それは結婚式のプチギフトなどといった、大切な人に贈られる場合に選ばれる焼き菓子だということです。

神戸スイーツの名店が作り上げた珠玉のスイーツを大切な誰かと分かち合ってみたいと思いませんか。


神戸のパティシエがつくる 心を込めた贈り物

日本全国の菓子職人の中でも神戸のパティシエは、レベルが高いと言われています。それにくわえて流行に敏感な職人が多いので、この街でつくられるスイーツはスタイリッシュでスマートなものばかりです。

洋菓子といえばケーキやタルトといった華やかな生菓子に目が行きがちですが、ちょっとしたギフトや、手土産、贈答品などに大活躍するのは焼き菓子なのかもしれません。移動時に形が崩れにくく、生菓子にくらべて長持ちする焼き菓子は扱いやすく喜ばれるプレゼントです。

今回ご紹介した「ダニエル」「ミッシェル・バッハ」「ケーニヒス・クローネ」の焼き菓子に共通することがあります。それは結婚式のプチギフトなどといった、大切な人に贈られる場合に選ばれる焼き菓子だということです。

神戸スイーツの名店が作り上げた珠玉のスイーツを大切な誰かと分かち合ってみたいと思いませんか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP