shutterstock_259497296

外国文化が混ざり合う長崎名物

九州の西端部にある長崎県は、日本が鎖国している期間、唯一外国と交流があった場所です。中国や西洋の文化を受け入れ、日本の文化と混ざり合い独自の発展をした長崎は、他所よりも早く変化を遂げ、料理にも異国の味を感じられます。
例えば、今や長崎名物として有名なちゃんぽんや皿うどんは、日本と中国の文化が混ざり合った結果出来上がった庶民的料理です。カステラやカラスミなども西洋や中国からの伝来の物ですが、長崎の名物として広くその名が知られています。また、基本的な調理方法が長崎へ伝わり、日本独自の改良を加えた料理にはがんもどきやてんぷらなどがあります。
そんな外国文化を吸収し,発展した長崎名物といえば様々な食べ物が浮かびますが、その中から今回は、「ちゃんぽん」「皿うどん」「トルコライス」について詳しくご紹介します。


 

具だくさん 長崎ちゃんぽん

shutterstock_195554024

ちゃんぽんとは、明治時代中期、長崎を訪れた中国人留学生に「栄養満点で、ボリュームのある料理を安く提供したい」と陳平順氏が考案したとされる麺料理です。豚肉、野菜、エビやイカなどの魚介類を具とした日本の郷土料理です。
長崎ちゃんぽんは、全国的にとても有名なご当地料理であり具材の多さ、太い麺が特徴です。長崎市内にある3軒の業者のみが生産している唐あくという水を使用した麺は、他県で作られているものとは異なる独特の風味があります。具材は、旬に合わせ扱う魚介類を変える店もあります。
観光地としても人気な長崎中華街にある名店江山楼は、創業以来秘伝の味を守り続けています。江山楼のちゃんぽんには「並」「上」「特上」の3種類があります。その違いは、魚介類の具材がランクに合わせてボリュームアップするので、お好みの量を選択することができます。


 

長年愛される老舗 共楽園

shutterstock_98300708

長崎の郷土料理の1つである皿うどんは、名称に「うどん」とつくことからうどんの一種だと勘違いされがちですが、その麺は中華の炒麺に近く、揚げているためパリパリとした食感が特徴です。皿うどんの材料は、同じく長崎の郷土料理のちゃんぽんとほとんど変わりありませんが、少し甘めのスープに片栗粉でとろみをつけ、麺にかけます。
地元長崎ではウスターソースをかけて食べるのが一般的とされていますが、お店によっては特製の酢を用意しているところもあります。一度に大人数分を注文し、大皿から各自取り分けて食べる、という方法も地元ではメジャーです。
眼鏡橋の近くにある共楽園は、皿うどんがとても人気で地元長崎の人々にも愛されているお店です。揚げた細麺に濃厚な餡が絡み、パリパリとした食感が持続され、食べ始めの食感が続きます。また、季節によって変わる魚介類が美味しさをより引き出します。


 

長崎県民のソウルフード トルコライス

img_0

トルコライス別名トルコ風ライスは、長崎のソウルフードといわれるほど有名で、長崎県民に愛されている料理です。今ではもう取りやめとなってしまいましたが、毎年9月16日は「トルコライスの日」と長崎市食の推進委員会が定めた記念日もありました。
一般的なトルコライスはナポリタン、ピラフが半々、デミグラスソースがかかったトンカツの組み合わせです。しかし、お店によってはピラフがカレーピラフやチキンライス、ナポリタンがミートソースのパスタとなっているところもあります。
1925年から続く老舗ツル茶んは、長い歴史を感じるレトロな雰囲気な内装で、数種類のトルコライスを食べることができます。観光客や地元民が多く訪れ、王道ともいえる本場長崎のトルコライスからステーキがのったテキトルコ、シーフードトルコなどバラエティ豊かなトルコライスを堪能できます。


 

異国情緒漂う長崎の食の歴史

異国文化と上手に混ざり合い、長崎の名物として知られている食べ物はちゃんぽんやトルコライスの他に多数あります。
出島から伝わり、今も食べ続けられている中には、南蛮菓子、西洋料理、パンなどがあります。長崎市グラバー園内にある「西洋料理発祥の地」の碑には、ポルトガル船が西洋料理を初めて日本へ伝え、技術は出島和蘭商館からもたらされたものだと記されています。
長崎名物であるカステラは、ポルトガル人によってまずカステラに似たお菓子の作り方を伝授されました。そして、長年長崎で作られ続け、徐々に今のような味、形となったとされています。パンもまた、1636年頃、出島に出入りしていた商人にポルトガル人が伝授したもので、ここから日本全体へ広く広がっていきました。このような細かな歴史を辿りながら楽しむ長崎の旅もいかがでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP