301_1_image

地域によって千差万別 日本のお雑煮

お正月に必ず食べるものといえばお雑煮です。日本では昔から、元旦に年神様がやってきてその家に幸せをもたらしてくれると信じられてきました。鏡餅は年神様への供え物で、そのお下がりを新年最初に汲んだ水(若水)と新年最初におこした火を使って野菜と煮込んだ料理がお雑煮の始まりと言われています。神聖な餅を食べることによって、新たな一年の息災と繁栄を願ったのですね。
一口に「餅を煮込んだ料理」と言っても、地方によってそのかたちは様々です。また、結婚や転勤などで新たな土地の文化と融合することも多く、同じ地方でも家庭によって異なるケースも珍しくありません。しかしある程度の地域性はあり、味付けや出汁、餅のかたちなどで大まかな分類分けをすることは可能です。今回は、その中でも特に特徴的な東京、京都、島原のお雑煮についてご紹介します。


 

東京のお雑煮は江戸っ子の味

301_2_image

東京は全国各地から多くの人が集まる街なのでお雑煮の味付けも家庭によりけりですが、鰹で出汁をとった醤油ベースのすまし汁に焼いた角餅を入れた「江戸雑煮」がひとつのスタンダードと言えるでしょう。鶏肉と、大根や人参、小松菜などの野菜をのせ、ゆずや三つ葉、海苔をあしらいます。焼餅の香ばしさや薬味の香りをすっきりとした味わいの出汁とともにいただくのが定番でのスタイルです。
江戸雑煮には、武家社会の影響が色濃く反映されています。醤油で味付けをするのは、味噌が「味噌をつける(失敗し評判を落とす)」という言葉を連想させることから武士に避けられたため。丸餅でなくのし餅を切り分けた角餅を用いるのは、「敵をのす(討つ)」につながるからと言われています。また、餅を手で一つ一つ丸めるよりも切ったほうが合理的なため、人口が多い江戸では好まれたようです。


 

餅も野菜も丸い形に 京都のお雑煮

301_3_image

京都のお雑煮といえば白味噌と丸餅、というのは全国的にも有名なのではないでしょうか。すっきりとした関東風に比べ、まったりと甘く、まろやかな味わいが特徴的です。
京都のお雑煮をいただくと、餅だけでなく里芋や大根、人参などの野菜も全て丸く切られていることに気付くはずです。それは、丸が「角が無く争いごとが丸くおさまる」、「円満に過ごせる」という縁起の良い形だからです。具材に選ばれる大根にはしっかりと根をはって生活していけるように、里芋には小さな子芋がたくさんつくことから子孫繁栄という意味があります。また里芋は、「人の頭になれる」という出世祈願をこめて子芋ではなく親芋が選ばれることも多いようです。
丸餅は関東のように焼くことはなく、湯で柔らかくしたものを使います。とろりと溶けた餅や野菜を白味噌が包み、ほっとする優しい味に仕上がります。


 

島原の郷土料理 具雑煮

301_4_image

島原の雑煮「具雑煮」は、新年やハレの日に食べるのはもちろんですが名物・郷土料理として有名です。観光客からも大変人気があり、市内にはこの雑煮を提供する飲食店があるほどです。
長崎県島原市は有明海に面し、雲仙岳の山々が横たわる自然豊かな街です。具雑煮は、土鍋に餅をはじめ、山芋やゴボウ、椎茸、焼きあなごなど、山や海の幸を土鍋にたっぷり入れて煮込んだもので、見た目は鍋焼きうどんに似ています。
その起源は1637年に起こった島原の乱までさかのぼります。天草四郎や信徒たちが原城に籠城した際、山や海から様々な材料を集め、兵糧として貯えた餅と炊いて雑煮にしたのが始まりとされています。食材だけでなく、歴史や文化など、この街のあらゆるものがひとつの鍋にまとまったものが具雑煮です。機会があれば、ぜひ一度味わってみてください。


 

お雑煮からあなた自身が見えてくる

今回紹介した3つもの以外にも、お雑煮には様々なかたちがあります。
擦ったくるみに砂糖や醤油で味を整えたタレにお餅をつけて食べる岩手県、出世魚であるブリを入れる長野県、「株を上げる」という言葉にちなんで丸餅と茎付きのかぶを味噌で仕立てた福井県、ぜんざいのように小豆が入っている島根県、白味噌の汁にあんころ餅を入れる香川県のものなどは特に有名です。
あらゆるものが簡単に手に入るようになったのはつい最近のこと。昔はその土地の食材はそこに生きる人々が食していました。神様にお供えした餅を地元の野菜や魚介とともに料理することで、「お雑煮」というひとつのジャンルの中にも地域性が生まれていったのです。お雑煮にはその土地の自然や風土、親や祖先の歴史が詰まっているといっていいでしょう。味付けや具材から自分のルーツをたどってみるのも楽しいかもしれませんね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP